ろくばんのにっき

にっき
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
じーさん
友人のじーさんが亡くなった。死んだ。逝った。
どの表現も「友人のじーさん」の命が無くなったことを表している。
この事実はもう何ヵ月も前の話であるが、今ふと思い出した。北海道に行ったときに故人に会い話している。じーさんは「家出」をしたわけでも某国に「拉致」されたわけでもないがもうすでにこの世からいなくなっている。今北海道に行っても当然彼に会うことはできない。彼の人生はおわった。こっちの世界での人生は終わってもあっちの世界での人生は続いていると信じている方もいるでしょう。
「この世」って表現ができるってことは「あの世」を認めたことになるが、まだ死んだことないんでわからない。
彼は何年もいきたろう。
正確にはわからないが何十年もいきたろう。
地球の歴史に比べたら一瞬かもしれない。
でも宇宙の歴史から比べたら地球の歴史なんて一瞬なのかも。
でも犬と比べたらそうとう長いはず。水だったら何度蒸発して雨になってを繰り返せるだろうか。
寿命はそれぞれに見合った時をもらってる。と信じたい。蝉が地上に出て一週間で尽きるのも見合った時間であってほしい。
一億以上もの精子がたったひとつの卵子に結び付くのに一億倍以上の倍率。そしてそれは同じ親から同じ人間はできず性別すら違うこともあり、どのコミュニティに属するかでも全く違うつながりを広げ、一億以上もの精子がたったひとつの卵子に結び付いたということだけが共通の人間と友人、知人、恋人、「おう」とだけ呼び合うだけの仲だったり、すれ違うだけの仲だったり、ときにはネットの上でしか連絡を取れない関係の人だったりと出会う。

マツオ今二十歳。友人のじーさんが二十歳のときにはまだ存在してない。親もまだ出会ってないはず。

奇跡の巡り合わせ。一期一会。
マツオがいなくなるまでどのくらいの人と会うことができるか。
スポンサーサイト
ドライブ
小田原まで思いつきで車で行ってきた。
どうやら桜は咲いているらしい。
だが満開はまだだな。
とか考えながら「星の王子さまミュージアム」へ。
まぁ予想していたが臭ってた。プンプン臭ってたが鼻をつまみながら園内を回る。
がしかし、中へ入れば入るほどB級の香りはどんどん臭ってくる。

くっさー

サンテグジュペリの生い立ちやら作品やらを見れたのは収穫かな。



信じたい。
思い込みたい。
彼の作品をあらってみるか。

閃きで行動するのはやめられないな。
箱根も熱海も通ったからなんだかお腹いっぱい。

女性を卑下するつもりはさらさらないが、女性の運転する車の後はパトカーが後ろにつくことの次に嫌だな。
今日の高速・町田~厚木間の事故を見て再確認した。

この旅のお供をしてくれたのは「くるり」と「fishmans」

fishmansの詩はなんだかいつも心の…隙間に…入り…こんで…く…る…
ステップステップステップ
ニューヨークの公立小学校に、情操教育の一環として社交ダンスのプログラムが導入されたのは、今から約10年前の'94年。 たった2校の5年生から始まったプログラムも、現在では60以上の学校で6,000人の生徒たちに10週間のコースが義務づけられている。 コース終了後に行なわれるニューヨーク市のコンテストで勝ち残るのは、1校だけ。

と、最後の結果が予想できるドキュメンタリー映画なのだが、アメリカが舞台というだけあり様々な人種、そして個々に問題を抱えている場合が多い。

片親であったり、学業に集中できなかったり、アメリカなのに英語が話せなかったり。

ダンスの練習風景はもちろんおもしろいのだが、それよりなにより合間に出てくるインタビューはもっと興味のもてるものになっている。

子供は小さい大人。という言葉を思い起こさせられた。

11歳が考える異性の話、世界の話がきける。

男女ともには誰が気に入ったとかそういう話したりしてるけど
女の子の方が物事のとらえ方が上だなと感じた。
「本で読んだのだけど女の方が男より科学的見地から見ても優れているのよ。」「勉強を一生懸命やる人がいい。」「ドラッグ売ってる人は人生を無駄にしてるわ。」
クールだ、女性は。いくつでも。

この映画の正しい見方としては自分に重ね合わせながら見るというのが挙げられます。

小学校のときこんなんあったら目あわせられないと思うし、手握るのもはずいと思う。

でもすげーうらやましい。
高橋幸宏の音を聞きながら今日のような陽気な日にバスにのっていると、
すげぇ幸せな感じを味わう事ができた。

しあわせとはなんでしょう?とも考えながら六本木へ。


人の思う通りのもんなのではないでしょうか?という結論。

思った通り。

ドラマ『トリック』のなかでカルト教団の回があったが

最後に「おまえらが教団を暴いてしまったからあいつらはこのあとどうすればいいのか路頭にまよっちまうじゃないか」

というようなこと言ってた。


自分達が幸せだと思ってればいい幸せ

11人で共同生活していた彼らも幸せだったんじゃないかな。


法に触れちゃいかんけど。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。